長富宮センター

北京市長富宮センター有限責任公司は、北京市首都旅遊集団公司と日本の代表的企業47社の共同出資で創立しました。“長富宮”という名称は、中日両国のシンボル的な存在である「万里の長城」と「富士山」から付けられています。
長富宮センターは、5ツ星ランクのホテル、マンション、オフィスビルから構成され、北京一の大通り•長安街と2環路が交差する地点に位置します。CBD中央商務区(中央ビジネス区)、王府井商業区、大使館区、人民大会堂、天安門に隣接するなど、きわめて恵まれた立地条件にあります。
長富宮飯店は460の豪華客室を備えており、中国料理、西洋料理、日本料理の各種レストランが揃っています。また、宴会場、会議室、ヘルスクラブ、ビジネスセンターなどの一連の施設を完備しています。
長富宮マンションとオフィスビルには、多くの日系企業が集まっており、名実ともに北京における日本人の集中地区となっています。スタッフのほとんどが英語、または日本語でサービスをご提供することができ、「2カ国語の特色」が業界でも評判となっております。日鐵商事(株)管理グループに管理面での協力を仰ぎ、管理を絶えず改善し、きめの細かい入念なサービスをご提供しています。それは、お客様の暮らしとビジネスに最適の場所となることでしょう。


 住所:中国·北京朝陽区建国門外大街26号 郵便番号:100022